SOHOオフィスとは?

SOHOオフィスとは?・SOHOマンションとは?

SOHOオフィスとは、初期費用安く入居できて、
内装がきれいな事務所物件のことです。

元々、SOHOとは、Small Office Home Office のことを指し、
SOHOの意味は「ITを活用して事業を行っている主に10人以下の小規模事業者」のことを言います。
不動産業界では、SOHO = 住居兼事務所で活動する事業者という捉え方が多いのですが、
実際には、完全な事務所でもSOHOと言います。

もっと詳しく知りたい!
SOHOオフィスとSOHOマンション

SOHOオフィス

SOHOオフィスとは…?

SOHOオフィス = ITを活用して事業を行う小規模事業者向けのオフィス

【特徴】 初期費用が安い、内装がきれい。

SOHOオフィスには、レンタルオフィス、リノベーション物件、マンション、賃貸事務所等があります。

SOHOマンションとは…?

SOHOマンション = 住居兼事務所、事務所で使えるマンション

SOHOオフィスの中でも、一番数が多く、いろいろと選べて人気が高いのがSOHOマンションです。SOHOオフィスナビでも掲載数が圧倒的に多くなっています。間取り、賃料、場所でいろいろと探せるので、おススメです。
(リノベーション物件、レンタルオフィス等の数はあまり多くなく、希望にそう物件を見つけづらいのが現状です)

もっと詳しく知りたい!
SOHOマンションと事務所可マンションの違い

事務所でも使えるマンションには、「SOHOマンション」と「事務所可マンション」の2種類があります。

比較的きれいなSOHOマンション
  • 契約は住居契約が一般的
  • オーナーは法人・ファンドが多い
  • 築年数は浅い
  • 一般的には賃料に消費税はかからない
古い物件が多い事務所可マンション
  • 契約は事務所契約が一般的
  • オーナーは個人が多い
  • 築年数は古いものが多い
  • 賃料には消費税が課税
SOHO賃貸のノウハウについて

ページの先頭へ